キボシカメさん&ヘルマン亀さん飼育日記+

飼育日記というより、もはや飼い主の癒され日記というべきでしょう♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2.運命の暗示。ノラちゃんの夢。

前回のつづき


●ノラちゃんの夢。


それは、ノラちゃんの夢でした。
たった一日だけ飼い主になった私。

ノラちゃんは以前、わたしが保護した猫ちゃんです。
(猫を保護した話。)

わたしは捜索中、ノラちゃんの写真に手を合わせて
「みりぃさんが帰ってくるように祈っててね」なんていっていたのです。



夢のなかで、そのノラちゃんが私をみていました。
「あ、ノラちゃん!?」

私と目を合わせたあと、ノラちゃんは視線をずらして何かを見ていました。
視線の先をみると、なんとみりぃちゃんがいるのです。


「あ!みりぃちゃん?!ノラちゃんお願い、みりぃちゃんが逃げないように一緒にいて!」
みりぃちゃんからノラちゃんの方へ行きます。

みりぃちゃんとノラちゃん

そのとき「ハッ」としました。
みりぃちゃんは白い石を飛び乗りながら川を渡ろうとしていたのです。

ノラちゃんは川の向こう側に居ました。
「あ、そっちってあの世?!ダメ!!まだそっちに行っちゃダメ!ノラちゃんお願い、まだそっちに行かせないで~!!」
というところで目が覚めたのです。

縁起悪い夢?ちがうちがう!
悪い夢なんて信じない!

きっとノラちゃんがまだあっちに行かないよう言ってくれたはず。
ぜったい見つかるから!!

ポジティブ思考で考え直し、そう信じました。
そして夢のことは忘れてしまっていました。



そして朝、集合した友人たちと雨の中、一斉ポスティングを決行しました。
皆で捜索、ポスティング


●黒猫ちゃん

ポスティングしながら出会うのは、人だけではなく、猫や犬たちもいます。
いろんな野良猫や外猫たち。
時にはイタチや亀も見ました。

ノラ猫たちがあちこちにいた。


だんだんココにはシマ、あっちには親子猫、ノラ猫たちの顔も覚えていきました。 
みな私たちをみても興味ないようで、知らんぷりするか、逃げていきます。


ところが、道路を渡った地域で、とっても懐こい黒猫ちゃんがいました。

なぜか黒猫ちゃんが私たちについてきます。

「なぁに?あぶないじゃないの~?」

「ネコ語が話せたら聞けるのにね。」

「みりぃちゃん探してるんだけど知らない?どっちいったか教えてくれない?」

「みりぃちゃんみたら帰るように伝えてくれる?」

黒猫ちゃんがついてくる

そんなこと言いながら捜索していました。
数日その猫ちゃんと顔をあわせましたが、自転車で通過する私に飛びついてきたときには本当にびっくりしました。
ほんとに人懐こい猫ちゃんでした。


範囲をひろげてポスティグした翌日、さっそく電話がかかってきました。
大通りの向こう側の家からでした。
黒猫ちゃんのいた家のそばでした。

ひとつの手がかり。

「みりぃちゃんにそっくりな子が2週間前くらい近所にいたんだけど…」

その情報は、すべて特徴が一致。
話をきけばきくほど、みりぃちゃんでした。
みりぃちゃんだという可能性がありました。


「ただ…ずっと近所にいてたけど、一週間前から見なくなったの。」

すれ違い…ガッカリする気持ちを抑え「まだ近くにいるかもしれない」と希望をもちました。
その付近を重点的に捜索しはじめました。

朝昼晩と探し回る私たち

だれか他に見た人がいないか子供から大人まで道行く人すべて、というくらい聞きまくりました。


ひとりだけ、みりぃちゃんのことを、みた人がみつかりました。

目撃していた人がいた!

そして、あの黒猫ちゃんと仲良く一緒に遊んでいたらしいと判明したのです。
2匹で寄り添うように並んで10日間くらい一緒に、日向ぼっこしていたそうです。

黒猫ちゃんと一緒に毎日あそんでいた

だから私たちに付いてきたのかな?黒猫ちゃん。
なにか伝えようとしてくれたのかな?
すごく不思議な気持ちになりました。

とにかく、わたしたちは確信しました。
ここが気に入っていたのだから、まだそう遠くにいってないよ!!
この辺にいる!!


●再び集中捜索…そして捜索終了

ふたたび、早朝、出勤前、お昼どき、夕方、夜、深夜、それぞれ可能な時間を捜索しまくり。

集中捜査を開始!

深夜は二人以上で行動するようにして防犯に気をつけながら捜索。
でも気がつけばまた1週間たっていました。

もっと早く大通りの向こうにもポスティングすればよかった…。
悔やんでも仕方ないとわかっていても、くやしくて仕方ありませんでした。

「もうここに居ないんじゃ…。」
「また移動してるなら、ここからまた範囲広げてポスティングしようか…」

でもまた方向がわからない。
また広範囲に広げるには時間も人出も足りません。
しかも更に大通りがあってその向こうまでチラシを入れるか入れないかで揉めました。

ポスティングが遅れて追いかけっこの捜索で後悔するのは嫌でした。
足がパンパンでも見つけたい。
結局さらにポスティングを広範囲に広げていれてまわりました。

しかし、あっという間に日が過ぎ去り、わたしたちは
もう、どうしていいか分らなくなってきていました。
広範囲すぎて、見回りも一日で廻りきれない。
捜索してもしても、したりない。

それに、なぜ誰も姿をみていないの?
どっちを探せばいいの?
なにかすごく見当違いをしてるんじゃないの?


「このポスティングが終わったら、捜索は一旦中止するわ」
友達が言い出しました。

「……そうやね。自分で帰ってくるの待ってみる?」
わたしも同意しました。

「うん、こんな生活、いつまでも続けることできないし…」


もう捜索をうちきろうと考える


仕事に家事、捜索、聞き込みやポスティング、逃げ出してから1ヶ月以上たちます。

見つかりそうになっては喜び、また意気消沈、
その繰り返しの中、精神的に限界がきていました。

友だちをみて、休む必要がある…とおもっていました。
それに、私自身もくたくたでした。

中止するまでは頑張ろう!
その時、二人で期限をきめました。

そして期限3日前の夜のこと、捜索中に突然友達は大泣きし始めました。
最後の週末…わたしたちが揃って本格的に探せる最終日の前夜でした。

考えないようにしていたこと。
(もう死んでいるのかもしれない…もう会えないかもしれない)

精神的に限界がきていた。

私は、なにも言えずにいました。


猫ちゃんは17歳で随分弱ってきていました。
もう来年の夏は迎えられないかもしれないと
覚悟はしていたんです。
でも、こんな風に別れるなんて悲しい。

わたしは、内心では決心していました。
(期限がきても、私はこれからも、ひとりで探そう…
 死んでいてもいい、うちに連れて帰って見送ってあげたい)

そして友達も同じことを思っていたそうです。
(これ以上、猫のことで友達に迷惑かけれない。
 中止することにして一人で探そう…
 どんな姿でもいいから、見送ってあげたい…)と。


そして、ほとんどチラシを使い果たしたころ、捜索中止の最後の週末、電話がありました。
最後の目撃場所から目と鼻の先にある工場からでした。

猫の死骸があったんですけど、もしかして…

「工場の前の溝の掃除しようとしたら猫の死骸があったんです。
 捜索してた猫ちゃんじゃないかと思って…
 ちがってたら、ごめんなさい…
 来れますか?確認されますか?」

チラシをみて気にかけてくれていた事務員さんからでした。

つづく


イーココロ!クリック募金
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。

気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪

  本当にいつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブな癒し村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪


関連記事

| ◇亀と関係ない日常 | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うえーん。

事務員さん連絡くれなくてもいいのに!

いや、でも連絡くれた方がいいのか。
うわ~、心配。

17年も愛情注いでたんですから、
もう心配でたまらないでしょう。
心配。
うわ、どうしよう。もう。

| umeboc | 2009/11/10 21:22 | URL |

●umebocさん
おひさしぶりです~♪
そうでしょう、なんか「うえーん」の連続でした。
この頃の私たちはもう、とにかく情報がほしかったんですよ。
死骸でもなんでも見つからないことには終わりの無い捜索でもうへとへとでした。
チラシを配ってから2週間ちかくたってましたから、事務員さんずっとチラシを残していてくれたんですよ。そのことにも感謝でした。
ずっと置いててくれたってことは他の方々も同じようにチラシをのこしてくれたりしてるんだな…って思ってジーンときましたよ。
興味なければ見たあとすぐ捨てちゃいますからね、ふつう…。
みつかったのは、ほんとうに皆さんのおかげです。いい経験ができましたよ~。

| カメジェンヌ | 2009/11/11 22:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamesienne.blog27.fc2.com/tb.php/480-9bd04728

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT