キボシカメさん&ヘルマン亀さん飼育日記+

飼育日記というより、もはや飼い主の癒され日記というべきでしょう♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…後悔していることを思い出す。

ブログに書きたい内容がいっぱいあるのにおっつかない。
亀のことや亀と関係ないことなど色々ありすぎなのにぃ。

で、結構そのままホッタラカシで時期がずれて書かずじまい…のものが沢山あるんですけど、
そのうちのひとつ。

今年の夏の初め頃…。

会社からの帰宅途中で、家のちかくで低学年の男の子たちが集まっていました。
みると一人の子供の手に亀の入った容器が!

私「あれ?それって亀さんやね~?」

思わず声をかけてしまいました。
会社の帰り道で

男の子はうれしそうにクサガメのことを話し始めました。
今朝、魚釣りにいって亀さんがつれたこと。
飼う事にしたこと。
でもクサガメだという以外、しらないこと。
飼い方がわからないこと。

亀を飼いだした子供

私が亀を飼っていると聞いて質問攻め。
えさも知らないし、朝にカエルをいれたけど亀が食べない…というので、
私は、亀の餌と洗面器とキレイな水をいれたペットボトルを取りに帰って
子供たちに亀さんのことを話していました。

いろいろ教えたりする私

他の子たちもやってきてワイワイと…。
きれいな水をいれた洗面器にいれてレプトミンをあげると
まだ小さなクサガメちゃんは私たちを見上げてパクッと食べてくれました。
数日分の餌を分けてあげました。

とっても可愛いクサガメ

水を替えてキレイしてあげることなど話していましたら
ミドリガメを飼っている子がいて、その子がバケツで飼っていると話したりして
盛り上がっていると

その中のひとりが言った「今日お祭りやで!」という言葉に
子供たちは

「お母さんにお祭りいっていいか、聞いてくる!!」

あっちゅうまに解散。
まさにクモの子を散らす…状態。
みんな四方八方に別れてかけだしちゃいました。

亀の飼い方がのった本を渡せばよかった…と思ったものの
最後に男の子が話していた「バケツで飼ってる」という話にひっかかっていました。

だって、ミドリガメたちは泳ぎ上手だけど、ちいさなクサガメには深すぎるので
もし同じように真似したら、あの小亀には危険だから。

でも近所というだけで、どの家の子供かわからないし
まぁ、親もいることだし、と思ってまた今度話す機会があったら…とおもって帰宅した私。

二日後、そのとき集まってた子のひとりに会ったので
「あの亀さんどうなった?」って聞いたら
「死んだ」

「えっ!!」

超ショックでした。
小さい子だったので詳しいことも聞けませんでした。
話もよくわからないし、飼ってる子本人じゃないし、あんまりしつこく聞けないし。

でも大後悔。
たまに思い出して悔やみます。

もしかしたら、私がおもっているような理由じゃないかもしれないし、
ちゃんと教えていても死んでしまったかもしれないし。

でもせめて親に必要なものを伝えれるくらいのリストぐらい
渡せたらよかったな…とか思い出すんです。




だから、昨日の亀さんのこと後悔しないように私に出来る範囲で
飼育方法を伝えようと思います。

コメントくださったかたや、個人的に連絡くださった皆さん、
「なんとかしてあげたい」という思いは一緒なんだとわかりました。

アドバイスした経験がある方もいると知りました。
亀が嫌いで飼ってるわけないし、皆さんがおっしゃってくれたように
ただ「知らない」だけなんだろうと思います。
素直にうけいれてもらえるかどうかは別として伝えてみます。

うまく勇気とチャンスとタイミングがあえば直接話してみます。
もし直接はなせそうにないなら手紙と飼育方法のコピーなどをポストにいれてみます。
たぶん明日は時間的にムリなので、あさってになりますが…。


どきどき(-_-;)きんちょーしゅるー。



あと…個別コメント…毎回ながらお返事おそくなってすみません。
明日かきますので。

イーココロ!クリック募金
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。

気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪

  本当にいつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブな癒し村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪

関連記事

| ◇飼い主のひとりごと | 02:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます!

・・・そうだったんですね・・・
クサガメさん、かわいそうでしたね。
ジェンヌさんも心を痛められた事と存じます。
うちもクサガメがいますので、他人事とは思えません。
出来る事には限りがあるし、でも出来る限りのことはしたいしで、
頭をかかえます・・・

今回のクサガメさんの件ですが、行動なさるのですね!!
すごいです・・・ほんとすごいです。
尊敬します!!
緊張なさると思いますが、
カメ飼いがバックでみんな支えてますので、
どうかどうかうまくいきますように・・・

連日コメント、すみませんでした。
うまくいくことを祈ってます!!
また寄らせていただきますね。

| つち | 2009/11/05 09:27 | URL |

あああ、それはつらい出来事でしたね。
どうしようもなかったことでも、悔やんじゃいますよね。
でも、その出来事があったから今日の勇気につながったんじゃないかな?
かめじぇんぬさんの気持ちが、伝わりますように。
そしてカメさんが幸せな暮らしを送れます様に。
何もできないけれど、祈りながら応援してます!!!!

| kizzy | 2009/11/05 14:27 | URL |

はじめまして。
RJからきました。
今回の件、私もずっと気になってどうしてもコメントしたくなって…。

うちの近所のクサガメさんは、8年ぐらい生きているそうですが、毎年12月頃(暖冬だと1月)から家の中にいれるそうです。家の中といっても、ヒータもなしで玄関先にいます。

私も、そのご近所さんに「うちもカメ飼っているのですが、お宅のカメさんかわいいですね。お名前は?」って感じで話しかけました。
年配の方だったので、不審に思われるかなって思ったのですが、もやもやしているよりダメ元で話してみました。結果、上記のような飼い方で長生きしていることがわかって、よかったと思ってます。

それぞれのお家の飼い方があるので、それを指摘することはむずかしいですね。

陰ながら、うまくお話ができることを祈っています。
がんばってください。
長々と失礼しました。

| みにどん | 2009/11/06 00:52 | URL | ≫ EDIT

夏場、我が家の近所でも、終日カメさんを、日光浴させているご家庭が何件かありましたが、今はもう見かけません。
みんなお部屋で暖かくしてもらっているのでしょうね。
カメジェンヌのケースとは違いますが、私も最近身近である出来事がありました。
大切に育ててもらっているカメさんもいれば、そうでないカメさんもいますよね。
爬虫類イベントなどで、孵化仔ちゃん達を見かける機会も多いですが、最近そんなことをよく考えます。
いよいよお知らせするの、今日ですか。
うまくいくといいですね。

| ななちゃん | 2009/11/07 00:37 | URL | ≫ EDIT

●つちさん
今回の件ではつちさんのコメントで随分勇気をもらいました。
「カメ飼いがバックでみんな支えてますので」
スゴイですよ、この言葉は。
「いけー!」という気持ちになりました(笑)
この小学生の亀さんは実は水カビ病でした。もともと捕まえたときから多少、弱っていた亀さんだったのでもしかしたら、ちゃんと飼育していても死んだのかもしれないんです。
ただ私が見た時点では即、死ぬほどではなかったのですけどね。
ただ、今にして思うのは、この死んでしまった亀さんがいなければおそらく今回の玄関の亀さんのことは「胸が痛む」で終わっていたかもしれません。
そう思うとこの小学生の亀さんが死んだことも無駄ではなかったと思います。なので、あの死んだ亀さんのことも忘れずにいようって思っています。一匹の死んだクサガメ…その子が、別のクサガメを救った。
なんだか不思議ですよね。


●kizzyさん
上のコメントにも書きましたが、ほんと、この亀さんがいたから、今回のことに勇気が出せたんだと思います!!
祈りながら応援ありがとうございました!祈りって実はスゴイ力があるんだって最近おもうんですよ…。
その皆さんの思いが通じたんだと思います!
きっと天国の亀さんも喜んでくれている思います。天国のクサガメちゃんにも「ありがとう」ですよね!


●みにどんさん
ありがとうございます!たくさんの方々にこうして気にかけてもらえて、そして色々な話を聞かせてもらえて勉強になり参考になりました。
いろんな飼い方あるので、どこまで差し出がましい忠告にならないのか、とか考えると躊躇してしまいました。
色々な飼い方があって飼育書が完全に正しいわけじゃないし。
お金をかけて冬越しすると思ったら捨ててしまったりしないだろうか?などと不安に思ったり。
でも、きっと飼っているからには「愛情」をもっているはず。
この亀さんが死んだらご家族も悲しいはず。ということでした。嫌な気持ちにさせたとしても最低限必要なものが何か話せたらいいな、という思いで臨みました。
うまく話せてほんとよかったです。


●ななちゃんさん
最近たくさんのイベントを目にするようになって私も色々考えます。この亀たちが最後まで幸せにくらせる飼い主とめぐりあう割合ってどのくらいなんだろう?と思っちゃいますよね。
でも私も夜空と出会ってもうメロメロになっちゃましたし(笑)きっと皆メロメロになってるはず…と楽観的に考えるようにしています。
悲観的になる部分もあるんですけど、そこは20パーセントくらいにして普段は楽観的に過ごすことに…。
ただメロメロだったとしても飼い方に間違いがあって気づかなかったのだとしたら…と思うと、やっぱり勉強することが如何に大切かと思いました。私だってまだまだ飼いはじめて2年ちょい。偉そうなことは何もいえません~。
これからも改めて勉強研究しなくちゃいけないと思いましたよ。一度読んだ本だって忘れてますからね。
これからも立派な亀飼い目指して再び勉強だな!と思いました。
なんちゃんさんもありがとうございました。
亀飼いみんなで「亀さんの地位向上」頑張りましょう!!

●その他匿名コメントくださった方々・メールくださった方々
いろいろな経験談、ご意見、応援、ありがとうございました。
みなさんのお話が「話そうか?」と迷うする気持ちに踏ん切りをつけてくれました。
いったん話して終わってみると、悩む必要なんてムダだったみたいに感じるくらいアッサリでした。
悩むだけじゃなくて解決にむけて進めたこと、皆さんのおかげです。
ありがとうございました!

| カメジェンヌ | 2009/11/08 13:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamesienne.blog27.fc2.com/tb.php/476-e167a86b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。