キボシカメさん&ヘルマン亀さん飼育日記+

飼育日記というより、もはや飼い主の癒され日記というべきでしょう♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒化現象。メラニズムの謎を考える。

亀さんの視線で…と、カメラをおろすと…キボシイシガメの夜空がガン見してます。
ちかすぎて顔がボケてる(笑)

カメラ目線

ちょっと首をひっこめたのでピントがあいました。
キボシイシガメは顔の色だけでなく、オスとメスで目の虹彩の色がちがうそうです。

目がきれい

ではアップで…。
おめめアップ
黒い瞳孔のまわりの虹彩がオレンジっぽいのがメス、褐色なのがオスらしい。
…夜空はやっぱり女の子ね♪

で、ほんとに色が違うのか比べてみたいとおもい、キボシの写真をあれこれ探してみました。
patokaさんのブログ「みずべ暮らし」にキボシの素敵な写真がいくつかありました。

キリッと男前 ←これが男の子

空を見上げて ←これは女の子

やっぱり違うみたいです!不思議です。
そして、顔の色も男の子が黒いんですよね~~。
(稀に白い顔の男の子もいるようです)


そこで、不思議に思うのは、やっぱり黒化現象。
クサガメさん、アカミミさんに限らず、ホオジロさんやキボシまで、オスが黒くなってるという不思議な「黒色の謎」

メラニズムとよばれるこの現象について書いているものが見当たりません。
なんで?
ずっと不思議だったのですが、ずっと考えていた仮説をちょっと書いてみることにしました。

●メラニンと紫外線
まず、人の場合、メラニンは体内で生成されます。
紫外線によって細胞が傷つけられるのを防ぐため、黒いメラニンが紫外線を拡散してまもっているのです。
もともと持っている量は人種的にも大きな違いがありますよね。
ですが、紫外線を浴びることによって生成量もかわってきます。

メラニンの生成量が違う

●メラニン生成とカルシウム
ところで、髪の毛を黒くするものはメラノサイト、メラニン式色素です。メラニンにも種類があって一概には言えないと思うのですが、このメラニン色素を活性化させるのがカルシウムらしいのです。
出産後に白髪が増えたりするのは、カルシウム不足からおきると考えられています。

ということは、紫外線の刺激と、カルシウムにより、メラニンが作られてるらしい?と考えられます。


そこで思い浮かぶのは、メスは黒くならない理由。

おタマゴにカルシウム
メスは卵を生むために、カルシウムがオスよりもカルシウムが流出していくということ。
メラニンの生成に必要なカルシウムが、男の子には過剰なくらいあるのではないか?と考えました。

でも、それではなぜ、小亀時代は同じなのに大人になってから黒くなるのかはワカリマセン。
ただ成長期にある小亀には「余っているカルシウムなど無い」ということかもしれません。

脱皮を繰り返しながら、甲羅と体を作っていくのですから、いくらあってもカルシウムは足りないかもしれないですよね。
紫外線とカルシウムとメラニン


そこで、もう一つ、ラットでの実験での話があります。
この実験は「食欲と肥満について」の研究実験ですが、とても興味深いことが書いてありました。

●「メラニン凝集ホルモン」というものの働き。

男の子のラットの精巣から分泌するテストステロン、
女の子のラットは卵巣から分泌されるエストロゲンをだしています。

そのホルモンの違いで、「メラニン凝集ホルモン」への刺激がちがうらしいのです。

男の子のだす、テストステロンには、活動を続けさせる効果があり、
女の子の卵巣から分泌されるエストロゲンは
メラニン凝集ホルモンを出す神経細胞の活動を「抑制する」働きがある…と。

オスとメスのホルモンの違い

これはラットの実験ですが、亀さんに置き換えて考えるとなんとなく当てはまる気がするのです。

ただし、メラニンを生成することと「メラニン凝集ホルモン」がどのような働きがあるかはワカリマセン。
そういった実験ではないので。
でも、魚では「メラニン凝集ホルモン」の影響で色が変わったりすることがわかっています。


●仮説
大人になり男性ホルモンがでてきた亀さんは、「メラニン凝集ホルモンか何か?」を活発にさせ、どんどんメラニンをだしていく。
   ↓
 黒くなる。

女の子は反対にエストロゲンでその働きを抑制して、メラニンを作る代わりに、カルシウムを使って卵を生んでいく。

メラニズム現象

どう思います?

といっても、メラニズムの起こる亀さんと起こらない種類がいるということについては、さっぱりまだわかりませんけどね。

誰か…研究してください…。

(※この仮説は、素人の憶測です。根拠はないのでご注意ください)


気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪

  本当にいつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブな癒し村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪


関連記事

| ◆亀さん…の生態など。 | 23:37 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして!!

 お名前はかねがねお聞きしていました。京都のクロカメと申します。我が家にもポテタというキボシがいますが、目を見てみたらやはりメスの様です。
 黒化のメカニズムも勉強になしました。なるほど、なるほど。
 

| クロカメ | 2009/07/05 09:00 | URL |

なるほど~

ラブリーイラスト付きの解説、素人の仮説としても
妙に納得してしまいました。
あながちハズレとは思えません^^

| ほり子 | 2009/07/05 09:48 | URL | ≫ EDIT

違うものですね~

夜空ちゃんのアップ可愛いv-10
クサガメアカミミさん以外の♂♀の違いって、よく知らなかったのですが、キボシさんもこんなに違うんですね。
ホント、男の子は男前な感じですね。
♂♀メラニン仮説、楽しく読ませていただきました~
私は一応♀だけれど、色が黒いのはきっとエストロゲンと女性らしさが足りないのだわ、と納得したりして。

| tammy | 2009/07/05 15:24 | URL | ≫ EDIT

●クロカメさん
こんにちは~!実は私、クロカメさんには去年のぶりくら市でお目にかかってるんですよ。キボシ亀男さんと並んで立ってらしたんですよね。
目のまえでヘルマンたち眺めつつ、結局、声かける勇気がなくて素通りしちゃいましたが(笑)
黒化のメカニズムは想像ですのでアテにはならないですよ、でも不思議ですよね。
男性ホルモンの影響だったら説明がつくな、と思ってるんですが。はっきり調べれるほどの知識もないし専門家がしらべてくれるのを待つばかりですね~。

●ほり子さん
あながち…と私も思ってるので皆さんの見解も聞いてみたくて今回とうとう、かいてみちゃいました。
もうすこしメラニンについて調べたいのですけど、実際化学式とか目にしてもサッパリで意味わからないんですよね~(汗)
リクガメはじゃあどうなんだ?とも思ってるんですけど、陸にあがるにつれその影響がなくなったかもしれないです。もともと持ってる黒の色素と他の色とのホルモンとの関連とかも知りたいんですけどね。カメレオンやカエルなど両生類の色の変異とかと水棲亀には関連があるのかな?とか。進化の過程で何かが変わっていったのかもしれないですしねぇ。
謎は謎を呼びますます??です(汗)

●tammyさん
キボシイシガメは亀の中では珍しく幼少時代から男女の違いがハッキリしていて区別しやすいようです。
それも不思議なんですよね。モリイシガメもオスメスの違いが染色体に影響されるらしく他の亀と違っているようですし、石亀という種類は他の水棲亀とすこし違う進化をとげていったのかもしれないとか、想像してます。クサと石たちは、一見にたような環境にいますけど、石亀は、水から陸にあがり、再び水に戻ったのかも?とか。
クサガメと石亀という日本の亀さんの住む場所や環境でなにか違いがわかるものなのか気になる今日この頃。
それにしても黒いオメメの真っ黒なクロクサ君たちはカワイイ。メラニズムが進むとあっというまですよねぇ。ラットの場合このホルモンの影響で食欲が増すそうです。
そのへんのあたりも皆さんのブログめぐって調べてみようかな?とか思ってるんですけどね~。
根気がないのでついノビノビに…(汗)

| カメジェンヌ | 2009/07/05 19:33 | URL |

ホルモンと黒化

うひ~、夜空ちゃん、かわいいー!キボシさんのメスって、とても女の子らしいですね。オスはきりっと。
黒化とホルモン仮説、とても面白かったです。カルシウムとメラニンの関係、メラニン凝集ホルモンと、テストステロンの関係、も知らなかったので勉強になりました。

♂♀の違い、ホルモン、というと、温度によって雌雄が決まるTSDも気になるところです。高温、低温がどのように性を決めるのか。テストステロンの話になると思うのですが、なにせ哺乳類のことも勉強不足なので、いろんな本を探しています。自分もつい先延ばししちゃっていますが(汗)。

「性分化とホルモン」
http://www.jssp.co.jp/f_hormon_sci/hormon09.html
あたりから始めようかと。研究者の方にも聞いてみようと思います~

| doshi | 2009/07/06 18:46 | URL |

●doshiさん
そうですよ、TSDのことも気になります!でも正直TSDって理解不能…。
実際まだまだ謎なだけあって私が読めるような内容では頭の中も整理できないです。
温度といってもウミガメとワニとか種類がかわると温度差とかオスメスの変わる割合なども違いもバラバラですしね~。
むかしむかし、地球上の気温の変化が現れたときに何かしらの変異がおきて温度変化が影響されたまま爬虫類だけその仕組みが残ったんじゃないの?
とか当てずっぽうに考えるくらいです…。
紹介してくれた本、面白そうですね!!機会をみて私も読んでみます!!情報ありがとうございます♪

| カメジェンヌ | 2009/07/07 23:22 | URL |

patokaです。
キボシ画像の紹介頂いているみたいでありがとうございます。
ところでカメジェンヌさんって各記事の素敵なイラストはご自身で描かれているのでしょうか?
なんだかあたたかくっていい感じです!

| patoka | 2009/07/20 21:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamesienne.blog27.fc2.com/tb.php/424-feb5add0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。