キボシカメさん&ヘルマン亀さん飼育日記+

飼育日記というより、もはや飼い主の癒され日記というべきでしょう♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夜空の環境2… (ひなた同居編)

2007年の真夏に2亀たちを迎え、2ヶ月もたつと秋が近づいてきました。

前回書いた押入れケースでの飼育は、飼い主の手間という点と、亀たちが遠い…保温するにも問題が。
ということで改良を考えはじめました。

まだまだ過ごしやすい季節だったものの、ヘルマンリクガメのひなたには朝晩さむい様子。

そこで夜空が数日つかっていたリクガメケージ(このケージはヘルマンを飼おうと決めた2年ほどまえに作っていた)を改良することにしました。

低すぎて

最初のころはリクガメケージを床においていたため世話がしにくかった!!
それを教訓に、飼育位置を腰くらいの高さにおくことにしました。

高低差をつけてみた

夜空は下へ下ろうとする性質(性格?)があるし、ひなたは上に登りたがる。
そこで前後にわけて高低差をつけ、仕切りは無いもののなんとなくお互いの過ごす場所を分ける形に。
奥が温度がたかく、手前が通常の気温(朝晩が涼しい)で過ごせるように。

温度がたかすぎたら降りてくるだろうし、暖めたければ登るだろう…という考えでした。


このケージの写真、残してなかったんですよ。
失敗したなぁ。
遠くからコッチを見ていた夜空
↑いつも手前の柵のすきまから室内や、飼い主を覗いていた夜空。


しかし、またもや奥行きがあったため、世話がしにくい…!!
届かなかった

そこで完全密封状態で保温する時期になったとき、手前の低い場所を撤去。
また改良することに。
しばらくリクガメケージに2匹ですごしてもらい、

今度は前後ではなく、横へ延ばすことにしました。

横に延ばすことに
そして夜空のケージは少し温度を低めにして、新しいプールの設置。
出入りしやすいよう、小さめの引き出しに切り込みをいれてタイルでまた高さを調整するように。

横に並べて

そして夜空は成長し、だんだんと水の深さを増やす必要がでてきたため、現在の衣装ケースに変更。


そしてコレが、今、現在。

ひなたもヤシガラやら、カーペットや人工芝、色々湿度の問題もあり床材変更しまくりだった…な。(今もだけど)
2009年現在の環境
コンセントがすんごいんですよね。
描いてませんが、さらに加湿器もついてます。

なにせ心配性な飼い主なので事故が起きない様に、何かヒータの故障で高温場所ができても、逃げ場があるように、などと考えるとこんな風に。

紫のは、サーモにつないでいます。
蛍光灯はタイマーに。

赤丸は、別コンセントからタイマーにつないでいます。
黒丸●は、サーモ不要なヒーターです。
(でも近々,水中ヒーターは、サーモにつけようかな?と思ってます。)

朝6時に蛍光灯がつき、9時に紫外線ライトがオン♪
夕方4時にライトオフ。6時に蛍光灯オフ。

朝、昼、夜っぽく演出しています。



なぜ夜空まで、蛍光灯にさらにライトまで設置しているのかというと、明るさがほしいからでーす。
やっぱり紫外線ライトだけでは暗いんですよね。蛍光灯だけでも暗ですし。
両方つけてほどよい明るさ。


でも、実は、夜空の蛍光灯は、ひなたのお古なんです。(蛍光灯だけね)

レプティグローという紫外線用蛍光灯をつかってますが、紫外線照射は半年ほどで落ちるらしいです。
でも明かりはとれる。というわけで、ひなたは半年サイクルで交換し、少量ながら紫外線もまだでているだろう蛍光灯の再利用に夜空のとこにつけている…というわけなのです。
紫外線ライトは新品をもちろん使用してます。


我が家は日当たりよくないのでこれくらいしないとね。



  いつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブ
村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪



昨日のコメントお返事遅れてすみません。また真夜中になりそうですが、お返事書きますのでしばし、お待ちください。
関連記事

| ◆飼育グッズと亀グッズ | 12:43 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

カメジェンヌさんは頭使ってるね~~。やっぱすごいわーー。
私なんか家にあった水槽をもらった・・・だけなんです^^;
今は室内飼いが夢・・・。
きっと無理だ・・・。

| turtlelove | 2009/04/01 17:33 | URL |

よく考えて

飼育を始める前に、本だけの知識でそろえられるものと、飼育し始めてからの改良。飼育が始まってから、どうしてこの器材が必要なのか、こういう作りなのかってことがやっとわかってきた気がします。
それにしても、夜空ちゃんとひなたちゃんのケージ、ものすごく工夫されてますね。とても勉強になります。そう、自分の世話のしやすさも重要ですよね。わたしもこの冬は立膝でちょうどいいくらいの高さ(30センチ強かな?)に水槽を乗せています。
ちょっとだけ頭をあげてカメジェンヌさんを見てる夜空ちゃん、うひー!かわいい!心なしか幼さがありますね。

| doshi | 2009/04/01 19:30 | URL |

配線のことまで詳しく書かれていて、いろいろと勉強になります。
私も水槽で飼ってた時は床においてましたが、今の衣装ケース(?)に変更してからは50cmほどのタンスの上にホシガメななちゃんの木製ケージを置き、その上に設置しましたので、お世話はしやすかったです。
最近転居しまして、設置場所は変更しましたが、今は1mくらいの本棚の上においています。
夜空ちゃんの陸場も広々。
私も陸場をもう少し広く取ってあげた方がいいかな、なんて思いました。

| ななちゃん | 2009/04/01 22:24 | URL | ≫ EDIT

う~ん、すごいなあ~~カメジェンヌさん、工夫されてますねえ~。実は以前から2亀ちゃんのお家の全体像はどうなっているのかな?と興味津津でした。こうなっていたんですね!私も飼い始めた時はあれこれ試してレイアウトもよく変わっていました。うちもコードだらけです。
事故が起きないようにクリップ式のライトも水槽のヘリに挟んだ上からガムテープで止めています。。亀たちが快適に安全に暮らしていけるよう試行錯誤しながらもお世話していきたいなあと思っています。まっすぐな瞳でじっと見つめる夜空ちゃん、かわいいなあ~^^

| きなこ | 2009/04/01 23:43 | URL |

こんにちは!
ここ何日か、カメさんの自然のサイクルに反していてよくないかなぁと思いながらも、カビの事も気になるので、帰宅してから夜も強制乾燥してました(1時間くらい)水の入っていないタッパーにアリスを移して、上からライトをあてていました。
そして昨日も帰宅してから先に自分の用事を済ましてしまおうと、とりあえずケージの中でライトをつけていました。
しばらくしてからケージをのぞくと、何と!自ら陸に上がってバスキングしていたんです!!
ずっと水に浸かってばっかりだったので、初めて甲羅干ししている姿を見ました。
私が、そばでガン見(@@)していてもおかまいなしで続けていました(笑)
嬉しくて思わず、「偉かったねー」なんて声かけちゃってました。
結局、かれこれ2時間程乾かしてから水の中へ帰って行きました。
ひょっとして、ライトで乾かす事を知らなかったとか・・・まさか、ね。アリスはCBなのでライトの下で生まれ育ってきたのでそんなはずはないと思います。
でも、やっぱり気になるのはお腹側です。
昨日もバスキングしていたとはいえ、なぜか後ろ足と尻尾は水に浸けたままだったんです。ライトの当たる位置が悪かったのでしょうか。
夜空ちゃんを陸にあげる前に裏側もタオルで拭いてあげるというのを聞いて、今朝は日光浴の前に全身の水気を吸い取ってあげました。ついでに少しヌルヌルしている所は拭いてあげました。
そして今朝は、今までで最高の、レプミニ30粒、ガマルス3個を見事にたいらげてくれました(^▽^)V←少々、食べすぎかも(^^ゞ
体力も食欲もよくなって一安心です。
あとは白いものがとれてくれるのを待つのみです。

「心配性なので、つい書き込みすぎました」と言われていましたが、とんでもない!「書き込みすぎ」のおかげで、あらゆるアドバイスを実践してアリスが元気になっているので、私にとっては感謝、感謝です☆
感情を表に出すのが苦手なカメさん達にとっては、心配性なくらいのほうがちょうどいいと思います。
実際に、夜空ちゃんとひなたちゃんの生活を見せていただくと、2亀さん達はカメ界のセレブだと思います(☆ー☆)

本当にいろいろありがとうございました!
でも、まだまだよろしくお願いしますm(_ _)m

| こっこ | 2009/04/02 13:32 | URL |

人に歴史あり、

ケージにも歴史あり^^
飼育環境の変遷を凄く興味深く読ませてもらいました。
水カメと陸ガメの生活環境の両立だけでなく
お世話のしやすさまで追求してきて今の形になったわけですね^^
この後もどんな風に進化していくのか楽しみです(笑)

| ikku | 2009/04/02 15:04 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

はじめまして、いつも読み逃げしてすみません。
ケージ色々と考え作り直していたんですね。今日は感心してしまいコメントしました。リクガメとミズガメどうして仲良しなのか不思議に思っていました。今回の話で良く解りました。腰良くなりましたか?癖になると大変なので気を付けて下さい。

| こころ | 2009/04/02 17:45 | URL |

試行錯誤とケージ改良、
大変勉強になりました。
カメさんのために出来るだけ良い環境を作ってあげたいという気持ち、すごく大切ですよね♪

そういえば暖突・・
今年リクのケージにつけるの
すっかり忘れてましたi-282
いまからつけても遅い・・
ですよね、やっぱりi-237

| ごっち | 2009/04/02 22:52 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
冬のケージって配線だらけで早くヒーターのいらない季節になっえほしい。
と毎日思っています。

| 通りすがり | 2009/04/04 21:47 | URL | ≫ EDIT

みんな工夫してるんだね

ケージのレイアウトって、考えるのも楽しいし、カメの場合は既製のセットではほとんど用が足らないという事情もありますものね~(^-^)
これもカメ飼いの醍醐味とは言え、リク、ミズ両方というのはまた大変。すばらしい工夫と愛情に拍手です♪

私はカメジェンヌさんの描く2カメさんのイラストがかわいーと思う(≧ω≦ )

| ろーたす | 2009/04/05 23:06 | URL | ≫ EDIT

●turtleloveさん
お褒め下さってありがとう♪頭…使えてればいいけど、なんというか自己満足なだけ…って気もしちゃいますよ。
どんなに工夫したって実は水槽でふつうに飼うほうがよいのかもしれない…とか思うときもしばしば。
完璧にオッケーの日は永遠に来ない…気がする(笑)
室内飼いの夢…いいじゃないですかぁ~。いっぺんにはムリでもウチのように時間制限付きお散歩タイムならできるのでは?
でも部屋飼いは掃除が大変です、ひなたは何を食べるか分からないので小さなものを落としたままにしてはいけないんですよ。
ボタンとか、クリップとか、口に入るサイズのものは完全撤去…。


●doshiさん
おっ!同じくらいですよ、いまはウチも高さ約30センチくらいです~。
床に座って眺めるのにいい高さ。でも腰痛の時にはキツイ高さだとわかりました(笑)
今後は椅子に座ってお世話&眺めれる高さにするかな?と検討中です。
でも地震がこわくて夜空の水槽はあまり高くできないし…悩みどころ満載です。なぜ亀本は「最低限の飼育法」ばかりなんでしょうね。
亀飼いたちの夢の飼育方法アレコレ…写真集なんてのもあってもいいのに。絶対かっちゃうのになぁ。
若干幼い夜空。
横からみると特にわかりやすいです。鼻先が尖ってきてシルエットも変わってきているようです。
ひなたよりゆっくり成長といっても夜空もいつのまにか大人顔になってきてるんですねぇ。


●ななちゃん
ほほー!50センチは結構お世話しやすいですか!実は55センチにするか70センチにするか悩んでいるんです。
腰を曲げずにホイサササ。お世話しやすさはとっても重要ですもんね。
配線方法も頭なやませますよね。
正面から見て左が温度高く(30~32)、夜空の水場にちかづくほど温度が低い(28~26)となっているんです。
でも暖突にかえてから湿度が低くなりがちなのがちょっと問題点です。
次回ここをどう改善をどうするか?
…うーん。
陸場は…種類によって必要な面積もちがってくるんだと思いますよ!
キボシイシガメは陸生が強いんです。だから野生だったら…とおもうとつい、広くしたくなるんですよ。


●きなこさん
ふっふっふ!謎の全体像がいま、ついに明かされた!こうなってました~(笑)
そうですよね、ちょっと想像つきにくいですよね。全体像…。
横長いので写真とかだけではイマイチ写しにくくて。!
どこもコンセントだらけになってしまいますよね。
毎日の水替えがあるから配線も固定しにくいからついつい、プラーんとアチコチ伸びてるままに。
ほんとに事故だけはさけたいですからね!怖いですよ。
まずは安全第一、安全確保ですよね。


●こっこさん
偉かったですよね!アリスちゃん。
うーん、そんな最初からちゃんと日光浴できるとはなかなかのツワモノ?でも大丈夫そうで本当によかったです。しばらくこのままが日課でしょうか。
手足や後ろが水につかったままなのは不慣れなせいなんだと思いますよ。
あと他にかんがえられるのは水の温度が高めだったりとか。
でも完全に上がれる陸場があればちゃんと足まで乾燥するようになると思います。 ライトを少し水場から離すとか?水温一度違うだけで、バスキング時間がかわるようですよ。
暖かすぎる水だと出たくないんでしょうね。

この件についてはお返事遅くなりました。もう解決してるといいんですけど。


●ikkuさん
ケージの歴史!なるほど確かに。
この後は同じ歩みを続けてきたひなたケージを夜空ケージがそれぞれの道へ分かれて進む予定です。はたまたどうなるのか、飼い主にも予想できません…。
未来予測不可能なのはikkuさんのほうですけどね!
(*^-^) オリジナル度が高いですから!


●こころさん
いえいえ有難うございます、いつも読んでいただいて♪こころさんのお名前は私もブログめぐりの中で、時々拝見しておりました。
あらためてヨロシクお願いします。
陸と水、地球上で野生下では出会うことのない2匹…。仲良しなのは好奇心からかな? それとも誰がいようと関係なし!な性格ゆえ?
でも同じケージですが、一応なんとなく分けているんです。それぞれの習性をみて事故がないよう、居心地よいように。
そして(疑惑も抱えつつ)女の子同士というのも仲良しに暮らせる要因かな?…と。



●ごっちさん
なかなかごっちさんの折り紙にリンクしようと思っているのにナゼか何かに邪魔され記事にできないままになっています~、
すみません。近々、リンクします。
暖突はじつは乾燥がはげしいので、湿度を安定させれないなら、それほどダントツにこだわる必要ないかもしらない…と思うんです。
でも電球のタマ切れの心配がないのはいいですけどね!
今の環境でも、じゅうぶん、りくたん元気ですもんね。一度完全に取り付ける前に数日使って様子みるのがおすすめです。乾燥には…つよいほうでしたっけね、ホルス。つよいといっても慣れもありますし。ね。


●通りすがりさん
もうすぐですね、随分あたたかくなってきたんですけどね~。あったかくなってきたら寒くする。神様のイジワル…ってかんじですよね。
とりあえず段々春になってきたので太陽が待ち遠しいです。
桜の花のあいだから今日、葉っぱが出ているのがみえました。
あとすこしで室外散歩…。そう思うと月日がたつのは早いです!!


●ろーたすさん
水陸が一緒に暮らすのは大変ですが、両方の亀さんとも仲良くやってくれててそれが安心です。
既成の水槽でも買ってきてハイ!ってわけにはいかないし、工夫しないと充分満足ってわわけにはいかないですよね。
実際飼い出して分かる飼育グッズ限界の現実。
ただ、このケージ、工夫するにもひなたの成長であちこち限界が来てる精一杯のケージです。
亀たち自身が満足してくれてればいいんですけど満足度に関係なく、成長が…めまぐるしいので改善せざあるを得ないです。ぱちちゃんも急成長ですよね~。

絵…こんな単純な亀ですが、かわいいですか?アリガトウゴザイマス♪
結構てぬきです(笑)

| カメジェンヌ | 2009/04/06 22:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamesienne.blog27.fc2.com/tb.php/364-5270481f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT