キボシカメさん&ヘルマン亀さん飼育日記+

飼育日記というより、もはや飼い主の癒され日記というべきでしょう♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キボシイシガメの夜空の分析~!

いつもお邪魔している亀ブログのdoshiさんの 「よもぎさんというカメは(身体編)
に触発されて私も少し、キボシイシガメの夜空のことを書いてみました。。

ニホンイシガメと同じ「石亀」仲間ですが、キボシイシガメはキボシイシガメ。
doshiさんのかっているニホンイシガメのよもぎさんと似ている部分も多くありますが、ニホンイシガメのよもぎさん とは、ちがうところもあるなぁ、と再認識してしまいました。

全身。
夜空の普段の姿。黒い甲羅に黄色のスポット。「黄星石亀」の名前の由来です。
夜空はきれいなスポットがなくて飼い主の至らなさでしょうか、紫外線足りないのか個体差なのか。
キレイな星が現れてきてくれたらな、と思います。
でも実は大人になり年をとると薄れてくる固体と、星が増える固体があるようです。(どうしたら増えてくるんだろう?!)

腹甲
黒とサーモンピンクのようなベージュのような色。割合は個体差によってちがいますがメスのほうが地面に接する部分が明るくて、オスは全身くろっぽいんです。アカミミさんクサガメさんも黒化しますし、なぜか亀社会では大人の男は黒になるのが好まれる?!

あご
顔の色も、オスは黒いのです。小さい頃から差がありますので亀の中ではめずらしく、オスとメスの見分けが見た目で判断つきやすい種類です。もちろんシッポの太さをみれば歴然です。夜空は女の子ですね!

それにしても空からみた部分が黒く、地面に接する部分が手足も明るいのは不思議な配色です。
しっぽ。
シッポの長さはニホンイシガメにくらべたら半分以下!結構みじかい。

手足の細さは個体差で太さにずいぶん差があります。夜空は細いです。でも結構、運動はしているほうだと思います。環境による差があるのかどうか?わかりません~。

うしろあし。
後ろ足はニホンイシガメさんと似ている気がします。水かきがあまりないですけど…。
最近、爪がすごく削れてきました。どうやら赤レンガに登ろうとすると削れるような気がします。いままで伸びて鋭くて痛かったのに。自分の爪でひっかかないかが心配だったのに、急激に削れてきた原因は水中の赤レンガしか思い当たりません。数週間でこれだけ削れてきたので、一部だけでも石材を変更するか考え中です。

じつはdoshiさんの 「よもぎさんというカメは(身体編)」を読ませてもらっていて黄星石亀と日本石亀「あ、ここが全然、違う!!」と思ったのは、前足です!

まえあし。
左が内側からみた前足。右が横から見た前足です。

そう。この手。皮膚の感じが違います。前足がリクガメっぽいんです!正直、この手の感じ、買い始めた頃は見た目が爬虫類っぽくてちょっと苦手でした…いまは慣れましたけど。
キボシイシガメは陸生傾向がつよい水棲亀なので、こういう形なのでしょうか、どう考えても水の抵抗が、はげしそうです。
泳ぎが下手なのも納得…。
土に潜るのが上手なのもなんだか納得…。

上目遣い。
お得意の上目遣いです。でも何か飼い主の顔色伺ってるので悪さしようと考えてるかもしれません(笑)同じ飼い主をみあげるのでも、一枚目の写真と態度が違うのわかります?

なぜかバレバレなんですよね…。キボシという亀がそうなのか夜空がわかりやすいのか。
飼い主がみてると危ないことしないんです。飼い主が見てないか、確認するかのように何度も振り返りますし…。
目を離すと「飛び降りてみようとしたり」「潜ってみたり」するんですよね。でもビビリなので見知らぬ土地につれていかれると飼い主の足元に寄ってきている?ような行動もみられます。たまたまなのか、わかってるのか。
頭いいのか悪いのか、なんとも不思議でしょうがない行動がけっこうあります。


腹甲の頭でいりぐち。
あと、キボシだけ?と思われる違いといえば、正面からみると腹甲の頭の出入り口部分が出し入れしやすいように内側にすこし凹んだかんじになっていてお皿みたいになってるんです。はっきりわかりませんが、他の亀さんとは違うような…。
リクガメのひなたは厚みが増すごとに出っ張ってきてますから、夜空とひなたでは大きく違う点です。


おめめ丸め。
おめめは丸め。そして寄り目気味。肉食傾向がつよい種類らしさ…ということでしょうか。

こうして記事にすることで、また改めていろいろキボシイシガメの夜空をみつめなおし、ちいさな発見がみつけられました。
(^▽^)いや~、親バカだけど…やっぱり夜空は可愛いな(笑)


文字をポチッと!亀ワールドへ
★ カメランキング ★ ←ブログ村は亀ラブワールドなのです♪ ポチっとありがとう!
人気ブログランキング★  ←カメさん以外のペットたちも♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←爬虫類ランキングです♪
関連記事

| ●キボシイシガメの日常 | 06:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夜空さんは明け方の日の出前かぁ。
夜が明け始めるから、星が薄いのかもしれないですね。

| 猫村ししろ | 2008/12/13 22:51 | URL |

黄星イシガメ

黄星イシガメさんってきれいな亀さんですねー。本でしか見たことなかったので、お腹や手足がこんなに個性的だと初めて知りました。同じイシガメとついていても日本イシガメの手は水かきが発達しています。そのへんの違いも興味深いですね。
それにしても悪さをしようとしている眼つきってわかります。わかります。亀ってそういう目つきしますよね。なにかたくらんでいるというかもくろんでいるというか・・・
うちの場合それがモロにわかるのは
イシガメなんですわ~
イシガメと名のつく亀は知恵者?

| きなこ | 2008/12/14 01:55 | URL |

きれいな色

リンクさせていただき、ありがとうございました~。
夜空ちゃん分析!またの名を夜空ちゃん祭り(笑)。
よぞらちゃんの体の色は本当にかわいらしくて、美しいですね~。こんなきれいな色のカメもいるんだ、って驚きました。
尻尾の長さ、想像していたより、短いですね、でもやはり細め。
つめは、陸場にレンガを使わなくなってから、出血がほとんどなくなり、少し伸びてきました。段差のあるところでは、どうしても登って削れてしまうのでしょうね~。

よもぎさんもそうなのですが、夜空ちゃんもよくカメジェンヌさんのことを見ているのですね~。人間以上にカメは人間を観察しているのかもしれませんね。

| doshi | 2008/12/14 09:35 | URL |

●猫村ししろさん
上手い!そう!きっとそうですよね~♪黒い雲…じゃなくて甲羅の影に黄色いきれいな星が隠れてるにちがいない♪
そう思うとなんだかたのしみになってきましたよ~~!!るんるん!
ありがとう猫村さん~♪

●きなこさん
キボシの明るい色が女の子っぽくて好きなんですけど爬虫類苦手なかたにはダメな配色みたいです~。キレイだと思えるきなこさんはヤッパリ亀好きですね♪
やはり石亀はもろわかりなんですね(笑)知恵者なのかゴマカシがヘタッピなのか(笑)
でもセキちゃんも飼い主の顔色うかがって悪巧み?バレバレだとわかってちょっと嬉しいです。そうやって飼い主を意識してるってことは、飼い主を「なにかしら親分?またはライバル?もしくは仲間」か何かとしての存在として認識してるってことですもんね。 メシ係以外の存在としていられることを嬉しく思う飼い主です(笑)

●doshiさん
夜空祭り!いい響き(笑)そうか~、大盤振る舞いでもっと夜空っぷりをだして30枚くらい出したかったな(どんだけ~)
よもぎさんも飼い主よくみてますか。石亀さんはどうやら観察力ありますよね。そして何か考えている…ような顔をしている…ようにみえる(笑)夜空はなんかツマラナイこと考えてそうですけど(ひどい飼い主)、たそがれ上手な乙女よもぎさんは、なにか哲学してそうに思えちゃいます~。悪巧みという言葉が似合わないですよ!
いったい飼い主はどう思われているのでしょうね。聞いてみたい…。

| カメジェンヌ | 2008/12/15 11:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamesienne.blog27.fc2.com/tb.php/312-34b65e10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。