キボシカメさん&ヘルマン亀さん飼育日記+

飼育日記というより、もはや飼い主の癒され日記というべきでしょう♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寄生虫。いま、ふりかえる症状…

回虫とトリコモナス原虫のどちらの影響がどうでていたのかは、わからないものの、今にして思えば症状がでていたのかな?と思われることがある。

1.ひとつは体を低くしてゆっくり歩く。
 
でもそれが寄生虫の影響なのかわかりませんが。
さいしょ、足が痛いのかな?爪が擦り切れていたいのかな?と思って気になったんです。
次の日もそうだったので、それを記事にしようかと思って動画を撮ったら、普通にガシガシと室内をあるきまわっていたので、ボツにしたんです。コンクリートを歩くときだけ?と不思議に思った行動でしたが関係あったのかどうか。
いまは普通です。飼い主のおもった不審な行動でした。

2.朝方、涼しいところでねている。

 夜はふつうにシェルターにいるのに、あさがた涼しいところに移動してねているので「なぜ?」とおもってんたんです。これも寄生虫の影響が関係あるのかどうかわかりませんが…。回虫や、ギョウチュウは、時間の感覚があるらしく、夜中から朝方に体内を移動するらしいです。もし、ひなたがそれで不調を感じていたら…とか、おもっていちおう書いておきました。
でも、もしかしたら、ただ単に暑くなってきたから涼んでた…だけかもしれませんけど。


3.下痢。
たしかに下痢っぽい日が一度ありました。でもトマトあげたあとだったので水分あげすぎたかな。なんて思って気にしなかったんですよね。でも一番ひどい下痢は病院に着いたときした糞でした。


4.あくびしたらツバが粘っこい。

これは鳥たちがトリコモナスに感染したときの症状とおなじようなので、きっと亀にも当てはまる症状じゃないかと思うんです。
個体さもあると思いますが。
ちょうど欠伸した口の中をとりたいと狙ってたときの欠伸がとれたので。のせときます。

あくび

唾液がねばっこい

いつもなら、かわいいピンクの舌がよくみえるのに、ツバがねばっこい。
「乾燥してる?水分不足か?」とレタスをあげたんですよね。次の日のあくびもネバってました。それでキュウリも追加したんです。

その週末に回虫がでたわけです。おそらく成長した回虫に腸内が荒れて、そのころトリコナモスが繁殖しはじめていたのだと…かんがえてます。

それまでは、とくに激しい下痢もなかったのですが、病院つれていったときにした便は、「みずっぽいゆるゆる」で6時間前の糞とはまったく違う状態のものが出たんです。
きっとトリコモナス大増殖だったピークがそのときだと思います。

トリコモナスは空気中の乾燥にすぐ死ぬので、糞も2、3時間以内じゃないと数がすくなくてみつけにくくなるらしいです。
もとからすくないと、さらにみつかりませんよね。

すずしいところで。
つぎの検査で問題ないくらい、虫もへってるといいな。



文字をポチッと!亀ワールドへ
★ カメランキング ★ ←ブログ村は亀ラブワールドなのです♪ ポチっとありがとう!
人気ブログランキング★  ←カメさん以外のペットたちも♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←爬虫類ランキングです♪



関連記事

| ◆健康と病気 | 15:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど!

回虫や原虫、存在は知っていても、実際どうなるとまずいのかって、未経験なので、とても勉強になりました!
どこまでが虫たちの繁殖による悪影響なのか、線引きってとても難しそうですね。メカニズムが解明されていない行動も多そうですし。

でも、口を開けたら粘っこい、という状態は、鳥と同じ症状だということで、トリコモナスの増殖と思ってよさそうですね。写真、すばらしくわかりやすいです~。なるほど。
下痢も関係ありそうですね(移動によるストレスもあると思いますが)。

虫たちの体内時計によって、寄生されている動物にも影響を及ぼしているとしたら、すごいですね。いやあ、生き物って不思議です。

空気に触れると、すぐ死滅してしまうのですね。見つけにくいものなのですね。
色々メモメモ。いやあ、勉強になりました、いつもありがとうございます~。

ひなたちゃん、元気そうで何より、ですが、早く良くなるといいですね~。

| doshi | 2008/11/15 16:46 | URL |

●doshiさん
おお!さすがdoshiさん鋭い!寄生虫がいることで宿主となった動物に影響するものもあるらしいです。
 羊に寄生する虫が、まず、アリに寄生して、羊に食べてもらえるように葉っぱの頂上で待つようになるらしいです。
アリが、コントロールされてしまうんですよ。

他の寄生虫の影響がどう各動物に影響しているのかは分からないみたいですね。

トリコモナスについても本によってマチマチなところもあります。感染力についてもバラバラなんです。

でも水があると強いことは確かなようです。記録としてわかってるところでヒトに寄生するトリコモナスが3年は体内にいたことが分かってるようなので、宿主が死亡しないかぎり死滅することはないかもしれないですね。


先生にも100パーセントなくすことは無理だと考えたほうがいいです、っていわれたので、
他の寄生虫もそうですけど、顕微鏡レベルの虫になると「多少はしかたない、共に暮らすのだ」と考えていたほうがいいかもしれないですね

| カメジェンヌ | 2008/11/16 00:33 | URL |

早く元気になあれ

寄生虫の説明は他の専門書をより噛み砕いて下さっていて
とてもわかりやすかったです。
本に出したら売れるのでは!とさえ感じました(笑)

ひなたちゃんの容態が心配ですね。
本来の生活環境と連れて来た子達なので
どこに落とし穴があるかわかりません。
お医者様に通っているし、カメジェンヌさんの看病で
大丈夫とは思いますが、とにかく早く良くなって欲しいです。
お腹の「ぷり♪」はカメジェンヌさんに抱かれると
暖かくて安心出来る所なのかな^^

| ほり子 | 2008/11/16 16:26 | URL | ≫ EDIT

●ほり子さん
噛み砕きすぎたかな、と思ってるカメジェンヌです…。

リクガメたち、ほんとに生活環境はムリがありますもんね。これから冬を越すわけで全く自然からかけ離れてますもんねぇ。
便秘はだいぶ治ってきました。元通りの健康ウンチになってきてますよ!
でも便秘は関係なく、どうやら「飼い主のお腹トイレ習慣」が定着しつつあるような…気がしなくもないような…。

| カメジェンヌ | 2008/11/19 05:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamesienne.blog27.fc2.com/tb.php/300-e21688a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。