キボシカメさん&ヘルマン亀さん飼育日記+

飼育日記というより、もはや飼い主の癒され日記というべきでしょう♪

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀ごはん、飼い主ごはん(ターサイ・いたや貝)

1か月ほど前の亀ごはんです。

スーパーでターサイを久々に発見。
そして見たこと聞いたことなかった「いたや貝」のボイルも発見。
どんな味なのか知らないまま冒険する飼い主です〜。

ひなたごはんと夜空ごはん、花ごはん。
亀ごはん貝
 
ヘルマンリクガメひなたのごはんは
ターサイ・やぶがらし・のげし・きゅうり。
頂き物のオレンジ?みかん?柑橘系の皮部分です。
ちょっと皮が分厚いめですが。

いたや貝は聞くのもはじめての貝で、
しかもボイルだったため貝殻の状態もわからないので
とりあえず今回は水棲亀ずは少しだけにしました。

ヘルマンリクガメのひなた、ゴハンを置いたらすぐ察知して急いでやってきました。
慌てて来なくても大丈夫だよ(笑)
ひなたごはん

クサガメはなちゃんも嬉しそう!
でも鼻息?なのか水流のせいか、ころころ転がってしまってます(笑)
花ごはん
今までのと違って、ちょっと「もちもち食感」で一瞬,躊躇したようでしたが、おいしそうに食べてくれました!

今回は「いたや貝」と「おくら」をみじん切りして、念入りにすり潰しています。そのあと、いつもどおりレンジでチンしました。
冷めたら完成です。
おくらの粘りのせいか思った以上にモチモチしてました。

夜空ごはん1

黄星石亀の夜空には、今回は飼い主びっくり。
いつも手作りごはんは、ホタテベッドのなかに「ぽとん」と落として入れてあげるのですが、
飼い主の予想に反して水流で帆立の外に落ちたのです。
(あ!しまった〜)と思ったのです・・・っが!
なんと!!
自分でホタテのなかに入れて食べたんです!!
夜空ごはん2

ホタテにいれたあと飼い主の顔をみてから食べてます。
まぁこっち見るのはいつもながらですけど…。
飼い主の(しまった!)の心の声がきこえてた??

それにしても!!
夜空ごはん3

夜空ってわりといつもですが、
なぜかガツガツしてないのも不思議なんですよね…
でも偏食はだいぶなくなってるんです〜。

わざわざホタテにいれて「ごちそう感」だしてるのか
楽しんでいるのか、几帳面なせいかくなのか?!
ほんとに夜空には飼い主ビックリ!!
感心するばかりです!!


飼い主ごはん_edited-1



飼い主ごはんは「ターサイ・いたや貝の中華風やきそば」
それと韓国風ぴり辛たたきキュウリです。
初いたや貝、けっこう美味しかったです。
また買おうとおもいました。


そうそう、感心すると言えば、やぶがらし。
ベランダ栽培にヤブガラシも植えてるのですが,日当り加減が悪くてなかなかのびず、ようやく日のあたるところまでのびて一気に成長しはじめております。

そんなまだ伸び悩んでいたころの写真。
やぶさん

ベランダ眺めながら朝ご飯を食べてて気がついたのです。
ヤブガラシことヤブさん… 
自分の身長?より高いトマトの枝に蔓を巻き付けております!!
しっかりと!
上へ上へと行くために!
どうやって?
風が吹くチャンスを狙ってたのかな?
そこに意思があるのかな?
自然ってすごいなー。

亀さんも植物もみんなスゴいよ!


亀飼いになってから
自然のすごさに感心すること が増えた飼い主です。









イーココロ!クリック募金  クリックで救える命がある。
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。



気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪
 本当にいつもポチっとありがとう!

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ

関連記事
スポンサーサイト

| 亀ごはん | 04:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大スキ?ふつう?好きじゃない!?玄関散歩の亀それぞれ。

梅雨に台風、とても蒸し暑いですが、夏本番まで
まだまだこれからです。
飼い主も夏バテしないよう、熱中症にも気をつけながら
クーラーは最小限です。
(最近は亀達に影響ないようにレイアウトなど工夫して少し冷房もつけてます)

そんな暑さでも亀達にとっては絶好調日和?です。

玄関サンポとなると一番うれしそうなのは
クサガメ花ちゃん。
(この喜ぶ姿が野良亀じゃないかと悩む一因でもあったわけですが。)

でもいまは吹っ切れたので素直に飼い主も喜びます。
うれしそーです♪
玄関さんぽの亀達01


めずらしく開けっ放しの玄関ドアに
ヘルマンリクガメひなたが気がつきました。
玄関さんぽの亀達02

ふふ、黄星石亀の夜空が気がついたよーです(笑)

2亀で玄関にはいってしまったけど
でもまだ散歩はして欲しいので、
夜空には残念でしょうけど
ふたたび外にでてもらいました。

ひなたにはオヤツで誘導〜。

正面から見つめるなんて…ほんと、だいぶ仲良くなったなぁ。
ひなたをジッと見る花ちゃん。
玄関さんぽの亀達03

撮ってるときは気がついてなかったけど
写真を見返して気がついた。
飼い主の嬉しい「ひなたと花ちゃん」ツーショット。



距離がはなれてるけど3亀が写ってる散歩写真。
玄関さんぽの亀達04

夜空みたいなことやってる!
花ちゃん後ろで段差にハマってコケてます(笑)

玄関さんぽの亀達05

飼い主をみる花ちゃん!!
ああ、このアングル…!
この視線…!
正面から…!
はじめてかもしれない!
飼い主超うれしい〜(感涙)
超かわいい〜!!
玄関さんぽの亀達06

散歩のしかたは亀それぞれ。
楽しみ方も亀それぞれ。
かわいさも亀それぞれ。
なんやかんやで今日も亀達には癒されちゃうな〜な飼い主です。

イーココロ!クリック募金  クリックで救える命がある。
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。



気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪
 本当にいつもポチっとありがとう!

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ

関連記事

| 亀たちの玄関散歩 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっと、ふっきれたました。クサガメ花ちゃんのこと。

飼い主ようやくキッパリ吹っ切れました。
クサガメ花ちゃんのこと。

警察の手続きでは「うちの亀さん」ということになったので
前の飼い主さんが探してるのでは…という部分は
3ヶ月の貼り紙などもあり自分の中で決着はついたのですが、
「ほんとうは野良亀さんだったのでは?」
「水槽より川がいいのでは?」という
罪悪感のようなモヤモヤがあったのです。


ひと月程前、飼い主は川の清掃ボランティアに参加しました。

もしクサガメ花ちゃんが川にいたのなら他の亀もいるかもしれない。
なのでちょうど仕事が休みとなって
飼い主、めっちゃ張り切って参加。

しかし川に隣接する公園の草刈り要員に。
でも公園から道路へでたはずなのでボランティアしながら調査!
世界だね掃除だよ

初めてのカマ。
ガンガン雑草除去!!

花ちゃんとは関係ないですが
このボランティアでの大きな収穫のひとつは
この公園の雑草は農薬等がかかってないと知ったこと。
そして定期的に刈りまくってるので
リクガメひなたのゴハンに遠慮なく取り放題でも
大丈夫だとわかったことです。
ちょっと公共のものだし…と、遠慮してたので…。

さて、草刈りは慣れない作業でしたが、

ほかのご夫人とペアを組んで
作業してました。
ペアを組んでたご夫人は「何年も公園を毎朝ウォーキング」してるので参加したらしい。

さっそく質問するワタシ。
「ここらへんで亀みたことあります?」
「カメは見たことない」即答。
世界だね7

公園設立したの中心人物的なおじさんにも「カメっています?」
聞いてみましたが、ちょっと笑われて終了。
やっぱりカメは、いないのか。

川と隣接する公園には人工的な短い「なんちゃってな小川」があります。
本来の川とは違い、完全に人工的につくられプログラム管理されています。
夜10時に水流とまーる。水なくなーる。


そんな徒歩30秒程で歩き終える短い「なんちゃって小川」ですが
普通の川より水がきれーい。
なので、意外にもザリガニとか貝も住んでいました。

カメ、住めなくもない。

(…誰かがここに捨てにきたんだろうか…)
(それとも増水したときに隣の川から来たのかな?)
うーん。

と、ボランティアに参加してから更に悩む日々ー。
とりあえず朝,昼、夜と暇があれば公園へ寄り道してチェック。
ゴミ拾いもしつつ。

そしてわかった。
世界だね46

さすが人口が多いだけあって
憩いの小川、意外にも大人気。
朝から晩までひっきりなしに人が来る。


朝の散歩、健康のためウォーキング。
 出勤後の時間つぶしかサラリーマン。
  お昼やすみのランチをベンチで女性陣。
世界だね5

学校終われば、生き物ハンターちびっこ軍団。
 ときには親と一緒にザリガニ捕り。
  夕方ワンコがこんにちは。
   夕日みながらツマミとビールで一人酒。
    日が暮れたら盛り上がる二人の世界。

世界だ2

夜は酒のんだ団体が大騒ぎ
 電気が消えた夜中は悩みを語らう若者…
  世があけるころベンチで寝ている酔っぱらい…。


ときには土木関係者が手入れ。
 定期的に市の関係者がゴミ拾い
  公園管理者も手入れしたり。

挨拶かわすチャンスがあれば
ちびっ子から職員だれかれかまわず
「このへんで亀ってみます?」
聞いて回ったけど誰も
「亀はおらんなー」

世界だね6

自由きままな川での野良カメ…なんて生活は
ここの場所じゃ無理じゃねーの?
と「野良カメ」より「飼い亀」でいるほうが幸せなんじゃ?
と思いはじめたある日。

川にダイブするワンコを散歩させるオジさまと遭遇。

「あらら!ワンちゃん、いっつも川にはいるんですか?」とか
いいつつ、会話を交わして核心の質問へ。

いつものように聞いてみる。

  ワタシ「このへんでカメって見たことあります?」
  おじさん「サメ?!」

  ワタシ(おもわず爆笑)「亀です,鮫じゃなくて亀!」
  おじさん「ああ!亀ね!……ああ!おるよ、前おったわ」

  ワタシ「えええ!ほんとうに?!」
  おじさん「そうや捨てにくる子供がおるんや、
       そんでまたそれを拾っていく子もおるんや。
       でも、大きい亀は誰も持っていかん。」

衝撃すぎてボーゼンとしてしまいました。
「大きい亀は誰も持っていかん」

やっぱり、いたんだ。
きっと大きいカメさんって花ちゃんだと思う。

でもどのくらいの期間いたのか不明。
さいごにその亀をみたのが何時か聞いとけばよかったと後悔。

でも、しばらくだったにせよ、よい環境とは思えないし
うちに来たのはきっと 
花ちゃんにとって
悪くないこと…かもしれない。  
  

世界だね4


その翌日、夜おそく公園を縦断すると水にポチャンと飛び込む生き物が!!
ま、まさか、他にも亀が!?
と思って必死に探すと正体はカエルさんでした。

もしカメさんまだいたとしても
こんなに探してもあえない亀さんなら「野良」として暮らしていけばいいか。

花ちゃんは道路のど真ん中あるいてるカメさんだもの、
川に返してもまた道路に出て来てしまうかもしれない。
連れて帰ってよかったのかもね?

きっとうちの子でいいんだね。
花ちゃんは。

そう思ったら
すこし心の荷がおりて
花ちゃんがきて10ヶ月、
ようやく
本当に吹っ切れた飼い主。

くさがめ花ちゃん1

イヤっていっても離さないぞ〜。
もう迷いはなくなったのだー。
君はもう、間違いなく、うちの子だよ〜。
ずっと一緒にみんなで過ごすんだよ〜。

くさがめ花ちゃん2

こういう話をするとき、
ちゃんと真面目な顔して
まっすぐ聞いてるクサガメ花ちゃんです。



イーココロ!クリック募金  クリックで救える命がある。
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。



気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪
 本当にいつもポチっとありがとう!

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ

関連記事

| ◇飼い主のひとりごと | 05:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。