キボシカメさん&ヘルマン亀さん飼育日記+

飼育日記というより、もはや飼い主の癒され日記というべきでしょう♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もしかして亀さんの天敵?コンセントは蛇っぽい。

ヘルマンリクガメのひなた、室内散歩中に時々コンセントにビビリます。

というか、
…楽しげに歩いている途中で、自らコンセントの配線が入り組んだ場所を通り抜け、
甲羅に絡まると、すっごい慌てて振り払うんですよ…。

おしり振ってダッシュ。

で、飼い主ちょっぴり意地悪して
(というか反応をみたくて)たまにコンセントを動かしてみたり。

やっぱりびびるんですよねー・・・


危険だと思ったら岩になる。

固まる。
隙を見て、ダッシュ!!

隙を見て、逃げろー!!

逃げ足は超速い?
そのあとは逃げれた喜び?なのか、ご機嫌なんですよね~(笑)

コンセントとかヒモとか、やっぱり
もしかして蛇とか…みたいに思ってるのかな?
以前もヒモに怯えていたしなぁ。

前回の記事みたいなハガキとかだと怯えないんです。
すこし離れていても、扇風機とか移動させたときに動くコンセントみたら歩みを止めてしゃがんだりします。


うーむ。
蛇は…やっぱり亀さんの天敵?

(動画です)



小亀時代だったら…やっぱり、リクガメにとっては天敵かもしれない。
リクガメにとってはとくに。

水棲亀さんだったら水中に逃げれるからヘビは平気かな?

今度、夜空にも試してみよ…かな?
ただし…夜空相手だと、成功する可能性低いけど。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・



イーココロ!クリック募金  クリックで救える命がある。
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。



気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪

  本当にいつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブな癒し村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪

| ◆亀さん…の生態など。 | 05:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キボシイシガメの生息地。

私の中で、曖昧なまま、ずっとハッキリしなかったこと。
黄星石亀の生息地を調べてみました。


まずはウィキペディアでキボシイシガメを検索~♪
すると、生息地は、アメリカ合衆国東部とカナダ南東部と書かれています。

そう…東部…。だいたいこんな風にかいてるんですよね。
正直言って、東部っていわれてもよくわかりませ~ん。

なので、Spotted Turtle や、Clemmys guttata で検索。
どっちもキボシイシガメのことです。
東部といっても場所がわからなくては。
どんな場所かみたいじゃないですか。
検索するにも地名がわかりたいですからね~。

タートルジャーナル
マサチューセッツ州で撮影されたキボシイシガメのペアのことが載っています。

ニューヨーク州のカメ
キボシイシガメは下から2番目に紹介されています。
ひとつ上には、ミドリガメも紹介されています。
アメリカでもアカミミさんは人口的な持ち込みによって広がったようです。
元々はニューヨーク州にはいなかったのでしょうか~?

ニュージャージーの亀
写真が少ないですが、自然の中にいる黄星石亀の姿があります。
ミドリガメも写真があります。

World Chelonian Trust
「chelonian」は、「カメの」という意味だそうです。
一番下の写真はオスとメスのしっぽ比較写真です。
Maleはオス、femaleはメスのキボシです。

PDFデータもありました。
ミシガン州のPDFデータ
インディアナ大学パーデュー大学?のPDF
英語読める方はど~ぞ~。読んだら内容おしえてください♪


さて、キボシイシガメの生息地を世界地図でみてみると…
こんなかんじ。
世界地図
(地図1)真ん中の赤いのは日本です。
世界地図の右端…アメリカの右にある赤点が生息する位置。


アメリカ
(地図2)アメリカの地図アップ。
タートルジャーナルで撮影したマサチューセッツ州は赤い色のところです。左隣にニューヨーク州があります。
ピンク色部分がキボシの生息するところ。
濃い緑色の部分は…ミシシッピー州です…。間違えて色つけたまんまでした。



さぁて、キボシイシガメの生息する州を書き込んだ地図です。
生息地アップ♪
キボシイシガメの生息地
(地図3)。
クリックするとちょっとだけ大きくなります。


流れのない池や、湿地帯などに生息するキボシ。
小さなグループが細かくアチコチに点在して生息しているようです。

こうしてみるとアメリカ北東部…
結構たくさんの州をまたいで生息しているんだなぁとビックリ。
そして、カナダって意外にもキボシが生息しているところが少ない~!
ということが分かりました~。


YOU TUBEなどでも地域から検索した動画など漁って、色々ネットサーフィン。
キボシイシガメ理解度をほんのすこし、高めた?気分です~♪


イーココロ!クリック募金  クリックで救える命がある。
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。



気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪

  本当にいつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブな癒し村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪




【戸田屋】手ぬぐい 「亀」(白手ぬぐい地)

| ◆亀さん…の生態など。 | 08:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リクガメの天敵。イヌワシの鳴き声を聴く。

先日、テレビをみていると「飛び出せ!科学くん」という番組で
オオイヌワシが亀を捕食する場面が紹介されていました。

しかも餌食になっているリクガメがヘルマンっぽくて、亀飼いとしてはちょっとショッキングな内容でしたが、野生の中のリクガメたちの天敵がどのようなものなのかと、興味深くみてしまいました。

オオイヌワシ

でも、調べたところ、オオイヌワシはオーストラリアに生息しているらしいです。
オーストラリアにリクガメは生息していないんじゃなかったっけ…?

そこでオーストラリアの生息している亀を調べると、セレベスリクガメがでてきましたがテレビでみた亀はセレベスリクガメではなかったように思う…。

はて(??)見間違い?
で、今度はヘルマンたちのいる地域に生息しているイヌワシを調べました。

亀を掴んで上空へ。

なんせデッカイ。
羽を広げたら2メートル。
私よりでかい。
内の亀たちが散歩しているベッドと同じサイズの敵です…。

広範囲に生息しているイヌワシ…北半球に広範囲にいてはりました。。
どうやら、ヘルマンだけでなく、ギリシャ、ホルホルたち地中海リクガメは皆、イヌワシに狙われたりしてそうです。


イヌワシは獲物を鋭い爪でがっちりと掴み、空高く舞い上がってから、地面に落として亀さんの固い甲羅を割って食べるという…。

落とされる亀ちゃん。
(;;)落とされる亀さん…衝撃的映像…。

急降下しておいかけるイヌワシ。
空中で急降下して追いかけるイヌワシ。

あうぅ…(T△T)



そんなイヌワシの声がナショナルジオグラフィックのHPで聞くことが出来ます。
イヌワシの鳴き声
まるで悲鳴をあげてるワンコのような…。
かなり「ぎゃあぎゃあ」と耳障りというか、耳につく鳴き声です。


そして飼い主、室内散歩中の我が家の亀たちに、このイヌワシの声を聞かせて見ました。



意外にも普段どおり…。全く気にせずウロウロしているなぁ~…と思ったら最後のほう、ヘルマンリクガメのひなたは立ち止まってしまいました。
鳴き声が聞こえてるようです。気になっている?夜空は気にしていないように見えるのですが…。
止まっているひなたのところに、様子をみに近づくと、ひなた、飼い主にくっついてきました。

もしかして不安だった?

やっぱり不安になったのかな?


そしてナショナルジオグラフィックのHPで別の鷹の鳴き声もみつけたのでそれも聞かせてみました。
ミサゴの鳴き声

ミサゴは殆ど魚しか捕らないようですが、獲物をねらってダイビングする準備の鳴き声が収められているようなので
亀たちに聞かせて反応をまたまた観察してみました。



たぶん…普通にうろついてました…。
もしかしたらちょっと焦ってるかもしれない…ような。
いつもより小走りにもみえますが…。


そのあと、てっぺん部分で2匹揃ってじっとしてました…。
石になったつもりでしょうか。
夜空の右手がひなたに添えられてるのがなんかカワイイんですけど。
夜空も不安だったのかな?


でも…てっぺんだと危険でしょ?!
イヌワシだったら身を隠さないといけないでしょ~に…。

佇んでいる亀たち。

反応としては判断しにくい動きでしたが、夜空…おもいっきり飼い主の顔色を伺っています。
めっちゃみてます。

パソコンのそばにいる飼い主…。
えっと…夜空…私がこの鳴き声だしてるんじゃないのよ…。

やっぱり不安なのかな?


ひなたには不安、夜空には不要な不信感…を抱かせてしまった飼い主でした…。

亀たち、今日はゴメンね。




ところでガラパゴスゾウガメの鳴き声も聴けます。
酔っ払いのオッサンのイビキみたいな声です…。

ガラパゴスゾウガメの鳴き声
また、そのうち…亀たちに聞かせてみよう…とおもう懲りない飼い主でした。





イーココロ!クリック募金  クリックで救える命がある。
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。



気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪

  本当にいつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブな癒し村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪


| ◆亀さん…の生態など。 | 00:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウミ、陸、水。指先だけをみても、進化それぞれ。

明日は(…今日?27日)は「ウミガメ会議」があるんですよねぇ~。

なんと3日間に渡って開催されるそうです。
濃いんでしょうねぇ。来年は行きたいなぁ~。

ウミガメ会議について等、詳しくはこちら!
 「日本ウミガメ協議会のHP」 


で、先日、テレビをみていたら「情熱大陸」にウミガメの研究されている方が出ていました。
ウミガメだけじゃなくて海洋動物全般だったかな?!
けっこう、面白かったです。


その中でチラッとでてきただけですが、研究者の方がみつけたという「ウミガメの赤ちゃんのミイラ」がありました。

TV[情熱大陸」にて。

生まれてきたのに海までたどりつけず、死んでしまったウミガメの赤ちゃんです。

ちいさなウミガメの赤ちゃん。
ちょっとコワイ気もするけど、なんだかカワイイ。
きっと、必死になって海を目指していたんだろうなぁ…。


それにしても、ウミガメらしい大きなおてて…です。ほとんど前肢で水をかいてすすむウミガメさんは、とっても手が大きく長いんですよね。

本「亀の進化」に図解されていますが、よく泳ぐ種類になるにつれて、指の骨が長くなっていくらしいです。
指先にいくにつれて、へらのように広がっているのがわかります。



水棲亀とはいっても陸生がつよいキボシイシガメの夜空は手が短い。
肘の位置が違う。それに細いウデ。

牡蠣殻をガン見。
(初めて見る牡蠣殻をガン見する夜空)
水陸亀、夜空の手。
指も短い…。
…ミドリガメことアカミミたちは泳ぎ上手だから指も長いはず。
完全水棲のスッポンやニオイガメたちの手も見たいな~。


いっぽう全く泳げないヘルマンリクガメのひなた。
山や坂を歩き回るためか、指はとても短くて、手の平がどこなのかも分らないくらい。
爪があるおかげで指の位置が分るって感じでしょうか。
なんといいましょうか、象さんみたいに厚みのある形になっています。
でもヒヅメはありませんが~。

登るリクガメ、ひなた。
(たのしげに登ってるひなた)
リクガメひなたの短い指…

もしかしたら掘るのが上手なホルスフィールドリクガメたちなどは腕のが太いのでしょうか?
これも比べてみないとワカリマセンが…ホルホルたちの手って立派だったよなぁ?

あと、崖を登るパンケーキリクガメなんかは手の平あるかも…とか勝手に想像。
これも見てみたいなぁ~…。
(今度しらべてみよう…)


ウデだけじゃなくて、平べったい甲羅や、クチ、目、おおきな頭は、首をひっこめないウミガメさんならでは…でしょうか。

ミイラになったウミガメの赤ちゃんの映像は、いろんなことを教えてくれるなぁ…と
何度も見入ってしまう、亀飼いなのでした。


イーココロ!クリック募金
 
↑一日一回クリックするだけで募金に協力できます。
 お金の負担はありません。
 クリックすることで企業から支払われますのでクリック募金に参加してみませんか?
 いろんな募金がありますよ。

気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪

  本当にいつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブな癒し村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪

| ◆亀さん…の生態など。 | 23:42 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒化現象。メラニズムの謎を考える。

亀さんの視線で…と、カメラをおろすと…キボシイシガメの夜空がガン見してます。
ちかすぎて顔がボケてる(笑)

カメラ目線

ちょっと首をひっこめたのでピントがあいました。
キボシイシガメは顔の色だけでなく、オスとメスで目の虹彩の色がちがうそうです。

目がきれい

ではアップで…。
おめめアップ
黒い瞳孔のまわりの虹彩がオレンジっぽいのがメス、褐色なのがオスらしい。
…夜空はやっぱり女の子ね♪

で、ほんとに色が違うのか比べてみたいとおもい、キボシの写真をあれこれ探してみました。
patokaさんのブログ「みずべ暮らし」にキボシの素敵な写真がいくつかありました。

キリッと男前 ←これが男の子

空を見上げて ←これは女の子

やっぱり違うみたいです!不思議です。
そして、顔の色も男の子が黒いんですよね~~。
(稀に白い顔の男の子もいるようです)


そこで、不思議に思うのは、やっぱり黒化現象。
クサガメさん、アカミミさんに限らず、ホオジロさんやキボシまで、オスが黒くなってるという不思議な「黒色の謎」

メラニズムとよばれるこの現象について書いているものが見当たりません。
なんで?
ずっと不思議だったのですが、ずっと考えていた仮説をちょっと書いてみることにしました。

●メラニンと紫外線
まず、人の場合、メラニンは体内で生成されます。
紫外線によって細胞が傷つけられるのを防ぐため、黒いメラニンが紫外線を拡散してまもっているのです。
もともと持っている量は人種的にも大きな違いがありますよね。
ですが、紫外線を浴びることによって生成量もかわってきます。

メラニンの生成量が違う

●メラニン生成とカルシウム
ところで、髪の毛を黒くするものはメラノサイト、メラニン式色素です。メラニンにも種類があって一概には言えないと思うのですが、このメラニン色素を活性化させるのがカルシウムらしいのです。
出産後に白髪が増えたりするのは、カルシウム不足からおきると考えられています。

ということは、紫外線の刺激と、カルシウムにより、メラニンが作られてるらしい?と考えられます。


そこで思い浮かぶのは、メスは黒くならない理由。

おタマゴにカルシウム
メスは卵を生むために、カルシウムがオスよりもカルシウムが流出していくということ。
メラニンの生成に必要なカルシウムが、男の子には過剰なくらいあるのではないか?と考えました。

でも、それではなぜ、小亀時代は同じなのに大人になってから黒くなるのかはワカリマセン。
ただ成長期にある小亀には「余っているカルシウムなど無い」ということかもしれません。

脱皮を繰り返しながら、甲羅と体を作っていくのですから、いくらあってもカルシウムは足りないかもしれないですよね。
紫外線とカルシウムとメラニン


そこで、もう一つ、ラットでの実験での話があります。
この実験は「食欲と肥満について」の研究実験ですが、とても興味深いことが書いてありました。

●「メラニン凝集ホルモン」というものの働き。

男の子のラットの精巣から分泌するテストステロン、
女の子のラットは卵巣から分泌されるエストロゲンをだしています。

そのホルモンの違いで、「メラニン凝集ホルモン」への刺激がちがうらしいのです。

男の子のだす、テストステロンには、活動を続けさせる効果があり、
女の子の卵巣から分泌されるエストロゲンは
メラニン凝集ホルモンを出す神経細胞の活動を「抑制する」働きがある…と。

オスとメスのホルモンの違い

これはラットの実験ですが、亀さんに置き換えて考えるとなんとなく当てはまる気がするのです。

ただし、メラニンを生成することと「メラニン凝集ホルモン」がどのような働きがあるかはワカリマセン。
そういった実験ではないので。
でも、魚では「メラニン凝集ホルモン」の影響で色が変わったりすることがわかっています。


●仮説
大人になり男性ホルモンがでてきた亀さんは、「メラニン凝集ホルモンか何か?」を活発にさせ、どんどんメラニンをだしていく。
   ↓
 黒くなる。

女の子は反対にエストロゲンでその働きを抑制して、メラニンを作る代わりに、カルシウムを使って卵を生んでいく。

メラニズム現象

どう思います?

といっても、メラニズムの起こる亀さんと起こらない種類がいるということについては、さっぱりまだわかりませんけどね。

誰か…研究してください…。

(※この仮説は、素人の憶測です。根拠はないのでご注意ください)


気分が向いたら、ぽちっd(^^*)と押してやってください♪

  本当にいつもポチっとありがとう!
★ カメランキング ★ ←ブログ村はめちゃ亀ラブな癒し村♪ 
人気ブログランキング★  ←ちょっと珍しいペットたちも ランキング♪ 
★ FC2ブログランキング ★ ←FC2ブログのその他ペット ランキング♪


| ◆亀さん…の生態など。 | 23:37 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT